バストアップ体操・大胸筋を鍛えて胸を大きくする
いつまでも形のいいバストでいられるように大胸筋を鍛えて、ハリのあるバストをつくりましょう。
胸の筋肉が衰えるとバストを支える力が弱まり、バストの形が崩れ、垂れ下がってきてしまいます。
ハリのあるバストを保つためには、肌の弾力性も必要ですが、大胸筋を鍛えることも大切です。

また、バストアップして胸を大きくする体操は主に大胸筋を鍛えますが、背筋を鍛えて姿勢を良くする事によって、バストを美しく見せることもできます。
そしてバストアップ体操で最も重要なことは、《大胸筋を意識して行うこと》です。

大胸筋を意識するとは・・・・?
普段なかなか胸に力を入れることがないと実感できませんが、枕を思い切り抱きしめてみると感覚がつかめるかもしれません。
この感覚を意識しながら、ダンベル体操で胸を大きくしてみましょう。
ダンベルがない場合は、ペットボトルに水を入れたものでも代用できます。


●バストアップ体操・胸を大きくするダンベル体操1

バストアップ体操・ダンベル体操で胸を大きくする

1.
両手にダンベルを持ち、足を肩幅程度に開いて立ちます。


2.
そのまま腰を前方に曲げて前屈みになります。
バストアップ体操・ダンベル体操で胸を大きくする背中はまっすぐに保ちます。


3.
次に、ゆっくりと両腕を横へ開きます。

この時地面と水平になるくらいまで持ち上げましょう。

ひじは若干曲げながら、手のひらは少し巻き込むように行いましょう。

バストアップ体操・ダンベル体操で胸を大きくする
4.
ゆっくり元に戻し、繰り返します。

    ↓
    ↓

腕の力は極力使わず、大胸筋を意識しながら、
ゆっくり行うのがポイントです!


●バストアップ体操・胸を大きくするダンベル体操2

バストアップ体操・ダンベル体操で胸を大きくする
1.
両手にダンベルを持ち、足を肩幅程度に開いて立ちます。

ダンベルを胸まで引き上げ、手首を内側に向い合わせ、
そのまままっすぐ前に両腕を伸ばします。

おなかと腰に意識を集中させましょう。

2.
息を吐きながら両腕をまっすぐに伸ばしたまま、
今度はゆっくりと水平に横に広げていきます。

バストアップ体操・ダンベル体操で胸を大きくする胸の筋肉を意識しましょう。


3.
息を吐きながら、両腕をゆっくり閉じ、もとの位置に戻します。

       ↓

10回~15回、筋肉痛にならない程度に繰り返します。

バストケア・ハーバルジェル《温感タイプ》通販セール
高品質のプエラリアミリフィカを主成分とし、蜂蜜、しょうが、カモミールなどをプラスしたじんわり温かい温感タイプのバストジェル。

バストアップ体操・ダンベル体操で胸を大きくする