バストアップに効くビタミン・ミネラル
バストアップを測り、胸を大きくするために必要な栄養素のひとつ、ビタミンとミネラルについてです。

バストアップして、ハリのあるバストを保つためには、新陳代謝を高めて、女性ホルモンの分泌を促すことが大切ですが、老化などにによってバストの形が崩れたり、たるんだりすることを防ぐためにも、ビタミン類が有効なんです。

老化はすべての人にとって避けることのできないものですが、
努力次第で、そのスピードを遅くすることは可能です。
そのためには、何といっても体に採り入れる栄養素が大切だといえます。
効率よくビタミンやミネラルをとって、バストアップや胸を大きくするために役立てましょう。

  • ビタミンA

    バストアップに効くビタミン・ミネラルビタミンAには、「レチノール」と「β-カロテン」があります。レチノールは動物性食品に含まれ、β-カロテンは、緑黄色野菜などの植物性食品に含まれていて、体内でビタミンAに変換されます。

    ビタミンAには、粘膜を正常にし、髪を健康に保ったり、肺・気管支などの呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつけるほか、生殖機能を維持したり、成長を促進するなどの働きがあります。

    美容面では皮膚の新陳代謝を活発にし、ハリをよみがえらせる効果もあります。
    ビタミンAが不足すると、潤いがなくなって肌がかさかさになったりします。
    肌にハリを与えてバストアップするためにも必要なビタミンです。

    ただ、β-カロテンは体内で必要なだけビタミンAに変換してくれますが、レチノールは摂りすぎると過剰症が出ることもあります。サプリメントなどからビタミンAを取るときには、摂取量を守ることが大切です。


    ビタミンAを多く含む食品

    バター、肝油、チーズ、牛乳、レバー、ウナギ、緑黄色野菜(モロヘイヤ、ほうれん草、人参、カボチャ、トマト)

  • ビタミンB群

    バストアップに効くビタミン・ミネラルビタミンB群とは、B1・B2・ナイアシン(B3)・パントテン酸(B5)・B6・ビオチン(B7)・葉酸(B9)・B12の総称で、全部で8種類あります。
    ビタミンB群はすべて補酵素として働いていて、主にエネルギー代謝に関わっているほか、ホルモンバランスを整えるという作用があります。

    ビタミンB群は互いに助け合って機能するので、どれも過不足なく総合的に摂取するのが理想です。
    一つだけの大量投与は、他のB群の欠乏を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

    この中でも特にバストアップや肌のハリを保つために重要なのが、ビタミンB2です。
    脂肪を燃焼させる働きがあり、細胞再生の手助けをしてくれるので、粘膜や皮膚、髪の毛や爪を育成して健康な状態に保つ効果もあります。
    またビタミンB2には、筋肉のたるみを引き締める効果があるため、バストが垂れるのを防ぐ効果もあります。


    ビタミンB2を含む食品

    チーズ、レバー、うなぎ、大豆、きのこ、卵、牛乳、ほうれん草、人参、海苔、ひじき、わかめ

    またビタミンB1は、糖質を分解し、エネルギーに変える働きをします。
    代謝を促進して、血行をよくする働きがあるので、バストアップのためにも大切なビタミンです。


    ビタミンB1を含む食品

    豚肉、うなぎ、大豆食品、栗、ごま、栗、青海苔

  • ビタミンC

    バストアップに効くビタミン・ミネラルビタミンCといえば、美容や美肌に効果があるビタミンとしてよく知られています。
    抗酸化作用があって、肌のしみやしわ、老化を防ぐ働きがあります。
    そして、このビタミンCはバストアップのためにも必要不可欠なんです。
    というのは、前章《バストアップして美肌にもなる栄養素とは?》でも記述したように、コラーゲンを体内で合成するときにビタミンCが必要だからです。
    バストにハリを持たせて、みずみずしくキープするためにもビタミンCは活躍します。

    またビタミンCには、ストレスを和らげる作用もあるので、この点でもバストアップに効果があります。
    ストレスは、胸を大きくするためには大敵なんです。常にリラックスした状態で、女性ホルモンを活発に働かせるためには、ストレスをためないことが大切です。

    ビタミンCは、たばこやストレスによって大量に消費されてしまうので、喫煙者やストレスの多い人はたっぷり摂取するといいでしょう。でも健康のためだけでなく、バストアップのためにも、たばこはきっぱりとやめたほうがいいのですが・・・・。

    ビタミンCは熱と水に弱いので、調理で失われてしまいがちです。果物や野菜はなるべく加熱せずに食べたほうがいいでしょう。

    ビタミンCを多く含む食品
    柑橘類(レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツ)いちご、アセロラ、キウイフルーツ、トマト、グァバ、パパイヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ブラックベリー、カリフラワー、ほうれん草、マスクメロン、ブルーベリー、パセリ、サヤエンドウ、ピーマン、サツマイモ

  • ビタミンE

    バストアップに効くビタミン・ミネラルビタミンEには抗酸化作用があり、老化の原因とされる過酸化物質の生成を防ぐ働きをします。
    また毛細血管が拡がって、血液の流れがよくなるので、新陳代謝も高まり、美肌効果もあります。

    さらにビタミンEには、ホルモンの働きを円滑にととのえ、バストのハリやツヤを保たせる効果があります。
    またビタミンEは「抗不妊ビタミン」ともよばれ、これが不足すると、不妊症や流産になりやすいといわれているのです。
    またホルモン分泌の調整をするので、女性特有の症状(更年期障害、月経不順など)の改善にも効果があるといわれています。

    女性にとっては欠かすことができないこのビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂ると、CがEの抗酸化作用をより高めてくれるといわれています。そしてビタミンEは脂溶性のビタミンですが、酸化しやく、熱に弱いので、新鮮なものからとる必要があります。

    ビタミンEを多く含む食品

    ゴマ、ナッツ類、魚卵、モロヘイヤ、ほうれん草、アボガド、ドリアン、植物油(小麦胚芽油、大豆油など)、豆類、あんこう

  • 亜鉛

    バストアップに効くビタミン・ミネラル亜鉛は、タンパク質の合成に関わる酵素など200種類以上の酵素の構成成分で、体内の酵素の働きに関わるほか、成長・免疫力の強化などを行う物質です。

    亜鉛によりタンパク質の分解・合成がスムーズに行われると、粘膜や皮膚などの細胞もすばやく再生されるので、引き締まった筋肉やみずみずしい肌をつくることができるわけです。

    バストアップや胸を大きくするためには乳腺を発達させることが必要ですが、乳腺を発達させるにはタンパク質が必要です。
    そして、そのタンパク質を合成するには亜鉛が不可欠なのです。

    この乳腺を発達させるタンパク質の合成に必要な亜鉛ですが、食物に含有されている割合が低く、調理によっても失われやすいうえ、体内への吸収率も悪いといわれています。
    そしてコラーゲンの合成には、クエン酸やビタミンCとともに摂取すると効果的だといわれてるので、併せて摂るのが理想的です。

    ただ亜鉛をサプリメントなど単体で摂る時は、摂りすぎると逆に免疫力が下がってしまうので、1日の摂取量を守るように気をつけましょう。

    亜鉛を多く含む食品
    牡蠣、牛肉、レバー、卵黄、魚類、海藻類、うなぎ、ナッツ類、たらこ、ホタテ、高野豆腐、ささみ肉、米ぬか

    一緒にとるとよいもの・・・ビタミンC(レモン)、クエン酸(梅干、黒酢)

ピンボンバスト 送料無料
プエラリアの天然成分、イソフラボン、ビタミンCとマンゴスチン果皮エキスも配合されたバスト用クリーム ピンとしたハリとボリュームのあるバストに!|

バストアップに効くビタミン・ミネラル